犬の触覚/ヒゲ

犬の触覚

      快適ペットライフの ペットライフ  Tomorrow
         

◆ 味覚 ◆

〜犬の触覚/ヒゲ〜

  当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、犬の飼い方や犬との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、犬のあれこれカテゴリのページとして
犬の「犬の触覚五感/触覚、ヒゲ」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   犬のあれこれ/Menu > 犬の触覚
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
  関連商品チェック

 犬の触覚は飼い主とのスキンシップに欠かせないもの。

毎日のブラッシング・タイムは大切な日課です。


毎日のスキンシップに!
「ラバーブラシ」
         1,260円(税込)
《サイト内コメント》
犬の毛質を考えて作ったラバーブラシは、特殊形状の目がムダな抜け毛を取り除いてくれます。やわらかいゴム製なので・・・   
  ▼続きはこちら

 


13.犬の触覚
 
 よく、猫のヒゲは切ってはいけないけれど、犬のヒゲはきっても大丈夫などと言われますが、本当でしょうか??

 猫のヒゲの場合は、神経がある、通れるか否かの判断機能など様々な機能があるとされていますが、犬の場合は集団生活の歴史を持っており、単独で全てを判断しなければならない猫とは条件が違うのだという説もあります。

トリマーに出した場合、飼い主の好みによってカットするのは当然となっているようです。(もちろん、カットしない飼い主さんもいます)

したがって、犬のヒゲをカットすること自体は肯定されているのが現状のようです。

ただし、獣医さんによっては、犬のヒゲは切ってはいけないと主張する方も居るとのこと。犬のヒゲをカットすることの是非について、科学的に証明されたわけではないようです。

 当館では、自然にあるものには理由があると考えています。例えそれが未だ証明されなくとも、重要度がどの位かは別にして、何らかの理由が必ずあると考えています。

ハッキリと科学的に「不要」と証明されない限りは、カットしない方が良いのではないでしょうか。

 さて、犬の触覚にはヒゲの他にも幾つかの特徴があります。

まず、他の感覚に比較して完成が早い点。
 
生後間もない子犬でも、母犬の乳房を探し当てますし、母犬や兄弟犬と一緒にいるのは触覚が既に完成しているからです。

これは、鼻や舌、そして肉球などの触覚によっています。

 また、飼い主に優しく撫でられるのが大好きです。精神的に落ち着くのだそうです。

犬が触られるのが苦手とする場所があります。前足の先や尻尾の先など、体の先端部分は大変過敏にできていますので、強く握ったり叩いたりするのはタブーですが、優しく触ることは子犬のときから少しずつ慣れさせた方が扱いやすいとされています。

      
▲前へ ▼次へ
「犬のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved