犬の体温と脈拍

犬の体温と脈拍

      快適ペットライフの   ペットライフ  Tomorrow
         

◆ 健康管理 ◆

〜犬の体温と脈拍〜

  当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、犬の飼い方や犬との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、犬のあれこれカテゴリのページとして
犬の「犬の体温と脈拍体温/脈拍/呼吸数」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   犬のあれこれ/Menu > 犬の体温と脈拍
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
16.犬の体温と脈拍
 
 普段からの愛犬の健康管理の必要性について、だれしも感じてはいるものの、元気なうちはなかなか検査をする気にはならないものです。

せめて、チョット変かなと思う段階で検査をする習慣をつけた方が良いでしょう。

体温は、幼犬で 38.5〜39度、成犬で 38〜39度程度。
脈拍は、幼犬で 100〜200回、成犬で 70〜120回程度です。

ちなみに、呼吸数は幼犬/成犬とも 10〜30回程度です。

様子が変かな? とおもった段階でこれらの検査を家庭で行うと、異常が早くみつかる可能性があります。

専用の体温計も市販されていますが、人用のものと同じでもかまいませんので、愛犬専用の体温計を準備しておくことをおすすめします。

 さて、体温の測り方ですが、基本的に肛門で測りますので、体温計をサランラップのようなもので包み、水かできれば食用オイルを塗ります。

 次に、犬を落ち着かせ、尻尾を軽く上げて肛門に体温計を2〜3p程度入れ込みます。そのまま体温計の計測を待ちます。

 また、脈拍ですが、測る場所は太ももの内側の中心近くに大動脈が走っており、そこで脈を診ることができますが、わかり難い時は直接胸に手をあてて測っても同じです。

 呼吸数は犬の横に位置し、前胸に手をあてて測ることができます。

 その他の動作や食欲なども考え合わせ、異常かな? と思ったら早めに獣医さんに診てもらうようにしてください。

 
※ 体温/脈拍/呼吸数の係数は、説により多少の前後があります。
   


犬の投薬


 体温計は人用のものを愛犬専用とできますが、イザ服薬が必要なときに言うことを聞いてくれないのが困りものです。

そこで、専用の投薬グッズがおススメ。
これなら何とかなりそうですね。事後の洗浄にも配慮された商品です。


 考えながら楽しむ知育おもちゃ
  
「ナーサーキット&ピルガン」
       
          1,365円(税込)  

《サイト内コメント》
小動物や子猫、子犬、体の弱ったワンちゃん、ネコちゃんの投薬に! ミルクや水・栄養液剤・液状薬・錠剤を与える時・・・
              ▼続きはこちら
    
               
  
▲前へ ▼次へ
「犬のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved