犬の年齢

犬の年齢

      快適ペットライフの ペットライフ  Tomorrow
         

〜犬の年齢〜
  当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、犬の飼い方や犬との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、犬のあれこれカテゴリのページとして
犬の「犬の年齢」を取り上げています。

ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   犬のあれこれ/Menu > 犬の年齢
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
24.犬の年齢
 
 このページでは、犬の年齢という表題を掲げ、犬の年齢の数え方、平均寿命などについて記述したいと思います。
 
 犬に限らず動物達は誕生後の生命力には目を見張るものがあります。特に草食動物は生後1〜2時間で四肢を踏ん張り立ち上がり母親より授乳を受けることは皆さんご存じのことと思います。

その分年のとり方は早いものです。生後一か月で人の1歳に該当します。また、生後1年半で人の20歳に該当する年齢になります。
 
もっと詳細に説明すると、大型犬と小型犬では若干年齢の数え方が違うとされており、中小型犬の生後1年は17歳、大型犬の場合は12歳です。

その後、中小型犬は1年に4歳づつの換算で年齢を重ねていきますが、大型犬は7歳づつ年齢を重ねて行きます。

この計算で行くと生後10年で、中小型犬の場合は56歳、大型犬の場合は75歳となります。

必然的に大型犬は中小型犬よりも短命です。超大型犬の平均寿命は10年未満、大型犬は10〜12年、中小型犬は15年程度とされています。 

もっとも、上記はあくまで平均です。現在の最高齢はイギリスの犬で29歳。過去にはオーストラリアの牧羊犬が29歳5か月間で生きた記録があります。

ちなみに、現在の最高齢イギリスの犬はラブラドールのミックスで決して小型の犬種ではありません。健康管理次第で寿命を伸ばすことはある程度(というより相当)可能なようです。

また、犬の平均寿命も少しづつ伸びているようです。近年のペットブームによる食物の厳選/良質化、動物病院などの充実。何よりも飼い主さんたちの犬に対する理解が深まり、健康管理や生活環境の充実が図られたことが挙げられるようです。

全ての犬が豊かでより長い犬生を送ることができることを願っております。

              

 
 犬の自然食

 
 長い歴史がある犬と人の共存関係ですが、従来、人は犬を「利用するもの」との意識で扱っており、ともすれば、その食事はそまつな場合が多かったことは否定できないことです。
 
最近になり、犬から癒されたり元気を貰ったり、よりパートナーシップが強くなったことや、室内飼いが多くなったこともあり、犬専用の食品に対する需要も高くなり、それに応える専用食品も多く市販されるようになりました。
 
 でも、食品を提供する側の内部(ペットフードの対するスタンス、製造工程、材料 etc)は、飼い主側から窺い知ることはできず、ラベルのデザインやメーカー名の信用度ぐらいしか選択の拠りどころがありません。
 
 そこで、ペットの食品に並々ならない「こだわり」をもってペット食品を提供しているショップを紹介させていただきます。
 
 ペットの家族の一員と考えておられる飼い主様に是非お付き合いいただきたいショップです。
 
 
   国産無添加にこだわる
   
「犬猫自然食本舗」
              
《サイト内コメント》
ペットフードが登場するまでは、主に人間の食事の残りを食べていたのです。その頃の犬や猫が特に病気がちだったという話はほとんど聞きません。

 人間と同じように、ペットにとっても健康で長生きするために毎日の食事が大切なことは言うまでもありません。ペットフードの登場以来、私達飼い主が、そうとは知らずに粗悪な食べ物を与え続けてしまったために・・・  
                            
▼続きはこちら
 
           安心の国産・無添加のドッグフードは犬猫自然食本舗
   
      
▲前へ ▼次へ
「犬のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved