犬の被毛

犬の被毛

      快適ペットライフの ペットライフ  Tomorrow
         

〜犬の被毛〜
  当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、犬の飼い方や犬との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、犬のあれこれカテゴリのページとして
犬の「犬の被毛」を取り上げています。

ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   犬のあれこれ/Menu > 犬の被毛
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
25.犬の被毛
 
 このページでは、犬の被毛という表題を掲げ、犬の被毛の役割や種類などについて記述したいと思います。
 
 犬は例外的な種を除いて被毛に覆われています、フサフサのものもあれば、バリバリのものがあったり、短いものや長いもの、カールがかかっているものなど様々です。
 
犬の被毛は、一言で言えば体を外部からのストレスからの防御のために存在しています。
 
まず、気温の変化に対して体温を維持し調節する機能があります。犬は特に寒さに強い動物ですが、この寒さに耐え体温を保持するために大きな働きをします。
 
日本のように四季のある地域に棲む犬は寒さに向かう場合に被毛を多くし、暑さに向かう場合は被毛が抜けるようにして季節に対応しています。
 
気温変化への対応の他には、外部からの圧力を和らげる機能(人の衣服に相当します)、病原体の感染防止、水分を直接肌に触れさせないなどの機能を持っています。
 
 犬の被毛の種類は、ロング/ショートの長さによる種類と、シングル/ダブルという毛の生え方の違いによる種類があります。
 
ダブルとはダブルコートとも言いますが、被毛がアンダーとオーバーの二重構造になっているものです。寒冷地に適した犬種はこのような被毛が多くなっています。
 
ダブルコートの構造ですが、人の毛穴と違い犬の毛穴からは数本の毛が生えています。その内一次毛と呼ばれる毛が一本だけあり、その毛は他に比べ太く長く、オーバー部分を構成する毛です。
 
また、一次毛以外の毛を二次毛と言い、細く短く柔らかくアンダー部分を構成する毛となります。
 
暑さに向けて抜けるのは、このアンダーつまり二次毛の部分で、春から初夏に向けて大量に抜けてしまいますので、ブラッシングにより毛玉を取り除き、暑さ対策へのケアが必要となります。
 
シングルコートの場合は、一次毛が極端に少なく二次毛が圧倒的に少ない犬種です。この場合でも暑さに向かう場合は抜け毛がありますので、やはりブラッシングは欠かせません。
 
ちなみに、犬の皮膚は大変薄く弱くできています。この弱い皮膚を保護するのが被毛の役割なので、被毛が最大役割を果たせるようケアが大切です。
 
         
 

 
 ラバーブラシ
 
 犬の毛と言えばブラッシング。これはどんな色でも、どんな模様でも、短くても長くても、直毛でもウェーブでも、みんな必要なことです。
 
特に換毛期には、毎日のケアを怠ると抜け毛があちこちにフワフワ。これでは人の健康に影響が出ます。犬も人も健康で初めて愛犬の幸せがあることを忘れてはいけません。
 
 でも、毎日のこととなるとゆっくりと時間をかけてばかりいられない場合も出てきます。できれば、要領よく効率よく済ませることが、毎日続けるコツではないでしょう。
 
 ラバーブラシは針がないので皮膚へのあたりが優しく、摩擦が強すぎない材質なので、適度の滑りと毛への吸着力があり、高いブラッシング効果が期待できます。
 
製造国も日本で更に安心です。
愛犬の毛の種類に応じて選べるよう、突起の数や密度、長さなどの工夫が施されています。

 
    毎日のスキンシップに
   
「ビーボン ラバーブラシ」
          
長毛用、短毛用、細毛用    1,260円(税込)
《サイト内コメント》
犬の毛質を考えて作ったラバーブラシは、特殊形状の目がムダな抜け毛を取り除いてくれます。やわらかいゴム製なので皮膚への刺激も少なく、手の平・・・      
                            
▼続きはこちら
 
             

 
      
▲前へ ▼次へ
「犬のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved