犬の出産数

犬の出産数

      快適ペットライフの  ペットライフ  Tomorrow
         

◆ 犬の出産数 ◆

当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、犬の飼い方や犬との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、犬のあれこれカテゴリのページとして
犬の「犬の出産数」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   犬のあれこれ/Menu > 犬の出産数
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
28.犬の出産数
 
 今回は犬の出産数について書き込みをいたします。特に初心者は以外に知らないことで、イザという場面になって慌ててしまいがちですが、傾向を知っていればその分落ち着いて対応できることと思います。
 
犬が一回の出産で産み落とす平均的な頭数は、犬の大きさによって相違し、小型犬で2〜3頭、中型〜大型犬で5〜8頭が平均的な出産数とされています。
 
もちろん、個体によって相違しますし、年齢によっても相違します。また、出産数はある程度遺伝する言う説もあります。
 
犬は年に2度発情しますが、その度に出産させると母体がもちません。出産することは母体に大きな負担がかかります。特に小型になればなるほどその負担は大きいので、多くても年1回の出産に抑えるべきです。
 
できれば、1年おきに出産させるのが望ましいと思います。
 
また、年齢的には10歳程度でも出産する場合がありますが、これも母犬の出産負担を考慮すると否定せざるを得ません。
 
「安産の神」とされる犬でも、その負担は並々ならないものがあります。犬とはいえ神聖な生命の誕生ですから簡単でないのは当然で、慎重に対応するべきと考えています。
 
年齢に話を戻しますが、せいぜい生後6歳程度で終了です。
 
順序が前後しますが、出産開始年齢は生後1年で可能です。しかし、何度も書いていますように、その負担を考えると、生後2年経過後が望ましいとされています。
 
ちなみに、犬の年齢では、1歳半で人の20歳に置き換えることができます。
参考:犬の年齢
 
 一部の悪徳ブリーダーは、経済至上主義で犬の生命を扱うため、発情のたび10歳を超えてもその犬が可能な限り出産される者が居ると言われています。
 
まさに、生命への冒徳に他なりません。母犬の健康と健全な子犬の誕生のためにも、是非上記の内容をご理解の上でご対応いただきますようお願いいたします。 
   
 

 
犬用/育ち盛りパック

 
 生まれたからには是非良い犬生を全うさせてあげたいもの。
 
そのため、離乳後の半年は子犬の体の基礎的な部分を形成するため大切な期間。この期間に十分に栄養を摂って丈夫な体質を作ることが肝要です。
 
 愛犬の好みもありますので、まずは「お試しパック」で好みのフードを探すことからはじめては如何ですか。
 
 国産・安全・無添加の「うちのこわんわん」さんの「育ち盛りパック」をご紹介します。
   
 
   
お試しセット
   
「犬のためのお試しフルセット」         1,980円(税込)
 
 《サイト内コメント》
「まずは試してみたい!」
そんな声にお応えして、犬猫自然食本舗ではお試しセットをご用意しています。
当店自慢のフードを是非一度お試し下さい!
              ▼続きはこちら
    
               
  
      
▲前へ ▼次へ
「犬のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved