犬のトイレトレーニング

犬のトイレトレーニング

      快適ペットライフの  ペットライフ  Tomorrow
         

◆ 犬のトイレトレーニング ◆

当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、犬の飼い方や犬との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、犬のあれこれカテゴリのページとして
犬の「トイレトレーニング」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   犬のあれこれ/Menu > 犬のトイレトレーニング
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
35.犬のトイレトレーニング
 今回は犬のトイレトレーニングと題して、「しつけ」の中でも最初に直面し、そして最大のテーマとなるトイレのしつけ方についてその具体的方法をとりあげてみます。
 
多くの解説書やペットショップでは、大きめのケージに寝床とトイレを同居させる方法を推奨しています。これはこれで実績もあり初心者には分かりやすい方法なのですが、直接トイレに連れて行けない(ケージの中なので)こと、元々寝床の近くでトイレをしない習性のある犬に寝床と同じ空間(ケージ内)でトイレをさせることは、限界ギリギリまでトイレを我慢させる負担をかけてしまうなどのデメリットもあります。
 
何よりも、「寝床とトイレが同じ空間にあることは犬にとって快適な環境とは程遠いものであろう」との私の主観が最大の原因ではありますが、当館ではケージはトイレ専用スペースとし、クレートを寝床として、トイレのときだけケージ内のトイレを利用する「クレート・トレーニング」をお勧めしています。
 
まず、犬を自宅につれてくる前に準備するものとして、ケージ、クレート、トイレシーツ、、スプレー式洗剤(匂いがとれるもの)、専用雑巾、新聞紙などです。(食器、フード類は別です)
 
ケージ内にトイレシーツを置き、少し離れた場所にクレートを置きます。どちらの設置場所も部屋の隅が犬にとって落ち着ける場所になります。
 
幼犬の場合、トイレサイクルは2〜3時間程度です。犬を家に連れてきたらまずケージに入れ、トイレが済むのを待ちましょう。
 
トイレシーツでトイレができたら飼主様も本気で喜んでほめてください。その後、クレートに移動させます。
 
ケージはオープンエアですが、クレートは外部から遮断された感じがして、野生時代には穴ぐら暮らしの犬にとって落ち着ける環境ですので早く落ち着けるはずです。
 
後はクレートに居る犬の様子を観察し、2〜3時間を目安にケージのトイレに連れて行き、その日のうちに何回かケージ内のトイレを経験させてください。
 
このときも、上手くトイレができたらほめることを忘れないでください。
 
夜間や飼主様の外出の場合は、クレートとケージの入口を近ずけ、トイレをもよおしたら何時でもケージに移動できるように工夫してください。
 
なお、食器やウォーターボトルの場所はケージトイレの反対側となるよう配慮してください。
 
また、トイレシーツは使用後なるべく早く取替えますが、その作業は犬をほめた後にします。トイレでの用足しとほめられたことを関連付けるため、「ほめること」はトイレ終了直後に行うことが最優先です。
 
どうしてもトイレ以外に用を足してしまう場合がありますが、犬が驚くような大声や怒鳴ることなどはしないでください。犬にとって排泄自体が悪いことと捉えてしまうと、常に極限まで我慢するようになり、膀胱炎などを引き起こす原因となってしまします。
 
そのような場合は決して怒らないで、黙ってニオイが残らないように処理してください。反対に上手く出来たときは思いっきり喜んでほめてあげること。
 
この繰り返しで、「トイレシーツでトイレが出来るとほめられる→嬉しい→またここで(トイレシーツ)でトイレしよう」の図式が犬の意識中に形成されれば出来上がりです。
 
もう一段上級のトレーニングとして、トイレの指示に従えるようにする方法があります。これをマスターすると、犬と一緒に出かける場合などに事前にトイレを済ませることができます。
 
これは、トイレの最中オシッコならば例えば「オシッコ、オシッコ・・・」などの言葉を聞かせ続けます。ウンチの場合は「ウンチ・・・」など。そして、やはり終わった後には思いっきりほめてあげます。
 
少し慣れたら、オシッコをもよおしている感じのときから「オシッコ」の言葉をかけ始めます。これを続けると、「オシッコ」や「ウンチ」などの言葉を聴いただけで自分からトイレに行くようになるのです。
 
犬のトイレトレーニング。それは、排泄はトイレシーツの上でするものであることを教えることに尽きます。この単純な原点を忘れず根気よく続けることが大切。特に最初の1〜2週間に特に力を入れてください。
 
 

 
   ケージ
   ジョイントサークル  
ベーシックセット 扉付き   \5,775
 
《サイト内コメント》
ベーシックなサイズのお買得セットです。このセットをベースにして、スペースに合わせてパーツを組み合わせて下さい。
         ▼詳細はこちら    ▼サイズ/デザイン違いはこちら

                  
        

   クレート
   ボイジャー 
M \4,800
 
《サイト内コメント》
出入りしやすい大きな扉は便利な左右両開き。オープンタイプは上から抱き上げられてワンちゃんも安心。水洗いもできて清潔です。
         ▼詳細はこちら    ▼サイズ違いはこちら

        
 
▲前へ ▼次へ
「犬のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved