「しつけ」について

「しつけ」について

      快適ペットライフの  ペットライフ  Tomorrow
         

◆ 「しつけ」について ◆

当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、犬の飼い方や犬との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、犬のあれこれカテゴリのページとして
犬の「「しつけ」について」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   犬のあれこれ/Menu > 「しつけ」について
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  

「しつけ」の仕方
 「しつけ」の仕方には、飼い主自信が根気良く教える方法をとられている場合が多いようです。

コミュニケーションとスキンシップを深めながら、愛犬がそこそこ生活に支障ない程度の行動がとれるようになれば、それが一番良い方法かも知れません。

でも、なかにはもっと厳格に「しつけ」る必要がある状況やキチンと「しつけ」たいと思われる飼い主の方もおられると思います。

通常人の及ばないレベルを求めるなら、やっぱりその道のプロの知識が必要です。

「Inter Zoo クリニッククラブ」
《サイト内コメント》
犬や猫を飼うにあたって必要となるしつけ、お手入れ、健康管理などに関する知識を、TV番組を楽しむ感覚で、気軽に身につけることができます
  
 続きはこちら

 



「失敗しない愛犬しつけ術」
 
プロが教える極秘愛犬しつけ術はこちら

4.「しつけ」について
 あなたの愛犬は、これから人間社会の中で生きてゆくことになります。飼い主であるあなたとは直接関わることになることはモチロンですが、ご近所などの方々とも間接的に関わって生きて行かざるを得ません。

 「しつけ」について、「そんなに厳しくしなくとも・・・」と考えておられる方もあるかも知れませんが、「しつけ」は愛犬にとって是非とも必要なことと考えます。

 なぜなら、冒頭に申し上げたとおり、
犬が人間社会で生きて行くためには、どうしても必要なことだからです。

「かわいそうだから」とか「可愛いから良いや」などと「しつけ」を回避することは、あなたの
愛犬に人間社会の中で生きて行く術を教えないことになります。

 最初はチヤホヤしても、我がままが身についた愛犬を後で矯正することは相当難しいこととされています。犬にだって大変つらい思いをさせてしまいます。

 もしかしたら、あなた自身が飼い主であることを放棄したくなるかも知れません。それは、愛犬とあなた双方にとって、これ以上の不幸はありません。

 そんなことにならないためにも、幼いうちにある程度の「しつけ」を教えるのは、
飼い主の責任と理解すべきでしょう。

幼いうちに身に付けた「しつけ」は、一生愛犬のものとなり、それは、あなたと愛犬のペットライフを快適で豊かなものとするはずです。愛犬だってきっと感謝します。

 言い方を変えれば、
あなたと愛犬の幸せの最低条件として、愛犬にある程度の「しつけ」を教えることは必須条件です。

 難しく考えることはありません。あなたが嫌なこと、して欲しいことを優しく教えてください。
 トイレの仕方、食事の仕方、無駄に吠えない、人を咬まない・・・などでしょうか。

 悪いことをしたときはしかってください。ただし、叩いたり必要以上の恐怖心を与えないで、「これは良くないこと」の意思が伝わる程度で良いのです。

 教えたことができたら、大いに褒めてください。 根気良く・・・。 

 
▲前へ ▼次へ
「犬のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved