夏場の散歩/水分補給

夏場の散歩

      快適ペットライフの     ペットライフ  Tomorrow
         

◆ 夏場の散歩 ◆

〜 水分補給 〜

  当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、犬の飼い方や犬との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、犬のあれこれカテゴリのページとして
犬の「夏場の散歩水分補給」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   犬のあれこれ/Menu > 夏場の散歩
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
水分補給
 暑さ対策で怠れないものは水分補給と言われています。

毎年「脱水症状」のニュースを耳にします。

これは犬も同じことが言えます。暑いときにはどうしても水分が不足しがち。

水分が不足すると血液がドロドロになり、脱水症状に留まらず、血管がつまる病気で倒れる可能性さえあります。

特に、暑いときや早朝には血液が濃くなると言われます。

暑い日の散歩には、犬も水分補給が必要。いつでも水が飲めるよう、携帯したいものです。

「Inter Zoo クリニッククラブ」
「どこでもドリンク」 は携帯用の飲料水入れ。散歩の必需品です。

  
 

5.夏場の散歩
 犬は暑さが苦手といわれています。 実際、相当苦手なようです。

ところで、犬と散歩は切っても切れない関係と言えますが、犬にとって夏の暑い中の散歩はどうでしょうか。

屋外でずっと繋がれている犬にとっては、1日に一度の気分転換ですし、トイレタイムでもあります。また、室内犬も室内ではある程度自由に動いておりますが、これだけではやはり運動不足。

人間のように新聞を見たりテレビを見たりするわけでない犬たちは散歩が唯一最大の楽しみであり、必要な日課と言えるのかも知れません。

 さぁ、散歩だぁ、と人間の都合で連れ出したときが、夏の日中だったらどうでしょう。アスファルトは夏の日差しに照らされています。上から太陽の日光、下からはアスファルトの照り返し、愛犬はたまったものではありません。

 アスファルトと犬の距離に思い至ったことはあるでしょうか、人間の頭の高さはありません。ずっと下でアスファルトの照り返しを直に感じる位置に全身を置いているのです。

 更に、足にクツを履いているわけではありません。私たちが、夏の海水浴場を素足であるくとどうなりますか? クツなど履いたことのない犬の肉球は、それなりに丈夫でも自然には勝てません。

ここは、犬の気持ちを考えてあげましょう。
夕方涼しくなってから、早朝の涼しいうち、など配慮が欲しいところです。

 あっ、そうそう、人間も熱中症にならないよう気をつけてください。特に早朝は血液が比較的濃くなっています。水分補給を怠らないでください。

▲前へ ▼次へ
「犬のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved