猫の聴覚/猫の耳

猫の聴覚

      快適ペットライフの   ペットライフ  
                                                   Tomorrow
         

 〜猫の五感/猫の耳〜

◆ 猫の聴覚 ◆
当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
猫の知識や雑学、猫の飼い方や猫との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、猫のあれこれカテゴリのページとして
猫の「猫の聴覚〜 猫の五感猫の耳 」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   猫のあれこれ/Menu > 猫の聴覚
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
 関連商品チェック

 猫の聴覚は人はもちろん犬よりも優れています。

 この優れた能力を維持し研く「おもちゃ」。猫用品の永遠のテーマかも知れません。


「キャットプレイボックス」
     販売価格: 3,800円(税込)
《サイト内コメント》
5面に丸い穴をたくさん開けたプレイボックス。付属品のボールやお気に入りのおもちゃを・・・
  ▼続きはこちら

 


11.猫の聴覚

 聴覚について、犬と猫を比べた場合、やはり「犬笛」などの道具があるだけ犬の方が優れている・・・と思いこんでいませんか。

ところが、可聴域に関しては、犬が16Hz〜65,000Hzなのに対し、猫の場合は30Hz〜100,000Hzとなっています。可聴域に関しては猫の方がはるかに優れているのです。

これは、猫の場合は犬よりも更に小さな動物を狩猟対象としているため、より高い音が聞こえる構造となったと考えられています。

 ちなみに、人の可聴域は20Hz〜20,000Hzです。したがって、我々人の聞こえない高音を聞きわける能力を持っていることが分かります。

この能力は、20m離れたネズミの行動を認識できる優れものです。飼い主の家に人が来た場合、犬よりも早く認識することが可能で、その点では犬より番犬(猫)としての能力が高いとも言えます。

 もっとも、用心深い猫の場合、知らない人が来ると取りあえず隠れる場合が多いため、番犬(猫)の総合評価としては、勇敢な犬に一歩譲るのかも知れません。

 また、猫の耳が音のする方向に自在に動くのは良く知られていますが、この耳の動きは左右別々に動かすことができ、それにより音源の方向と距離を正確に把握することが可能とされています。

この音源探査能力も犬と比べて倍以上の能力があり、極めて正確に音源を感知することが可能です。

 更に、この耳はノンレム睡眠中も稼働し、常に身の安全と獲物捕獲の機能を研ぎ澄ましています。

 聴覚とは少し離れますが、猫の耳には人や犬と同様に「三半規管」が有ります。この三半規管も大変な優れもので、高所から落下の際に、身をひるがえして無事に着地する猫の特技はこの三半規管が優れているためです。


 
▲前へ ▼次へ
「猫のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved