猫の被毛

猫の被毛

      快適ペットライフの  ペットライフ  Tomorrow
         

〜猫の被毛〜

  当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、猫の飼い方や猫との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、猫のあれこれカテゴリのページとして
猫の「猫の被毛猫毛〜」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   猫のあれこれ/Menu > 猫の被毛
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
25.猫の被毛
 
 このページでは、猫の被毛と題して、寒さに弱いと言われる猫の全身を覆うその被毛についてその種類や機能について記載します。
 
 猫の被毛の役割は皮膚を守るための緩衝在の機能、最菌の侵入や水ぬれによる体温低下などを防ぐ防菌/防水機能、熱さや寒さから身を守る保温機能などがあります。
 
被毛の種類には、その生え方によりいくつかの種類があります。
まず、大きく「短毛」と「長毛」に大別できます。さらに、各々に「ダブルコート」と「シングルコート」のタイプに分けることができます。
 
ダブルコートとは、アンダーコートの上にアンダーコートより長く太い毛が生えており、被毛が二層構造となっているタイプ。
 
シングルコートとは、オーバーコートがなくアンダーコートのみ、またはその逆で被毛が一層構造であるもの。
 
もちろんダブルコートの種はシカグルコートの衆り寒さに強くなっています。
 
 さて、野良猫の場合は基本的に自分の被毛だけで冬の寒さに耐えるわけですが、地域によって野良猫の寿命が違うようです。
 
北海道や東北北部の厳寒地では、冬の寒さが厳しく小さな猫の体にはとても大きなストレスがかかります。また雪が多いと移動にも制限が生じてしまいます。
 
そのため厳寒地の野良猫の寿命は短いとされています。一方温暖地の野猫はその負担がない分寿命が長いようですが採餌の負担がありますので、いずれにしても飼猫のように長寿にはなれないとされています。
 
 猫が喧嘩をする場合、背中や尻尾の毛を逆立てることがあります。これは自分を大きく見せる威嚇行為ですが、被毛自体に神経があるわけではありません。
 
猫の皮膚には立毛筋という筋肉があり、この筋肉の収縮により被毛を逆立てることができるのです。
 
 このように猫の被毛には色々な役割と機能があり猫の皮膚と体を守っています。したがって、猫ちゃん達はいつも自分の被毛の手入れを欠かすことはありません。
 
飼い主様も、被毛の大切さをご理解いただき、日頃のブラッシングなど猫ちゃんの毛の手入れのお手伝いをお願いします。
 
             

 
 猫のブラッシング

 
 猫の被毛は猫ちゃんの体を外部の刺激から守る大事なものです。また、撫でると柔らかく猫ちゃんがますます愛おしくなるのも被毛があるからです。
 
 猫ちゃんは時間があると自分の被毛を舐めて手入れしていますが、それだけ大事なものだからです。
 
 換毛期に家中に猫の抜け毛が散らばるのは、飼い主として望ましいことではありません。猫ちゃんの手入れ不足ももちろん、飼い主様人間の健康にも良いわけがありません。
 
気がついた時にサッとブラッシングできるラバーブラシ。
 
ラバーで被毛を撫でれば痛がりそうですが、このラバーは加工が施してあり適度な滑りと無駄毛の吸着効果があり、猫ちゃんは快適にブラッシングを受けることができます。
 
   
   
「ラバーブラシ」
              長毛用/短毛用  1,260円(税込)
《サイト内コメント》
やわらかなゴム製のため、ネコが痛みを感じにくいラバーブラシです。手のひらサイズで使いやすく、特殊形状のブラシが驚くほどきれいにムダ毛を絡め取ります。短毛・長短共用の2タイプから選べます。     
                            
▼続きはこちら
                     
       
▲前へ ▼次へ
「猫のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved