猫の出産数

猫の出産数

      快適ペットライフの  ペットライフ  Tomorrow
         

〜猫の出産数〜

  当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、猫の飼い方や猫との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、猫のあれこれカテゴリのページとして
猫の「猫の出産数」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   猫のあれこれ/Menu > 猫の出産数
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
28.猫の出産数
 
 このページでは、猫の出産数と題して、猫が一回の出産で平均何匹の子猫を生むのか、妊娠期間、妊娠適齢などを書込みしようと思います。
 
よく「ネズミ算」と爆発的に増えることの例えに使われるのは「ネズミ」ですが、猫の結構多産でその回数も多いようです。
 
メス猫は年に2〜3回の発情があります。オスは自分から発情することは少ないのですが、メス猫の発情を感じることにより発情します。
 
一回の出産時に産み落とすのは約3〜6匹が平均的です。その妊娠期間は約2ヶ月間。出産後2か月後には再妊娠が可能な状態に戻ります。
 
もちろん、個体によって違いますが、平均的な数値です。
 
猫は出生後半年ぐらいから出産が可能な状態になるとされています。また、10歳前後でも出産する場合があります。
 
ですが、若年の出産は母猫の体自体も成長過程にあり正常な出産は難しいところです。生後1年、否1年半経ってから妊娠させるのが無難です。
 
また、生後6歳程度で出産はお終いにしたいものです。
 
発情回数が多く、妊娠後次の妊娠可能状態までの期間も短いのですが、決して「子猫製造機」ではありません。
 
神聖な命を誕生させるため、母猫には都度大きな負担がかかります。母猫の負担やノラ猫を増やさないためにも、出産には良く考えて対応していただきたいと願っています。
 
なお、ノラ猫が一向になくならない傾向があります。
 
猫は過去何千年の人との付き合いにより、人によって人の助けがなければ生きられないようにされてしまいました。
 
これは、例えノラ猫と言えども同じです。ノラ猫は人と猫が付き合いを始める前の「野生の猫」にはなれません。
 
私はノラ猫を見かけると、ノラ猫を作った人の無責任さに腹が立ちます。
 
地域をあげてノラ猫に去勢手術/不妊手術を施したり、また、そのような手術を格安で引き受けてくれる獣医師のサークルもあることを聞き、ほっとする場合もありますが、何よりも飼いネコや飼いネコの生んだ子猫を捨てる(遺棄する)ような身勝手な飼い主が絶えないことに憤りを感じます。
 
苦しいときは「苦しい」、痛いときは「痛い」、怖いときは「怖い」、ひもじいときは「ひもじい」、人も動物も同じように感じる生身の命ではないかと思うのです。
 
           
   

 
 猫の「育ち盛りパック」

 
 生まれたからには是非良い猫生を全うさせてあげたいもの。
 
そのため、離乳後の半年は子猫の体の基礎的な部分を形成するため大切な期間。この期間に十分に栄養を摂って丈夫な体質を作ることが肝要です。
 
 猫ちゃんの好みもありますので、まずは「お試しパック」で好みのフードを探すことからはじめては如何ですか。
 
 国産・安全・無添加の「うちのこわんわん」さんの「育ち盛りパック」をご紹介します。
   
 
   
お試しセット
   
猫のためのお試しフルセット
                       1,980円(税込)
《サイト内コメント》
 「まずは試してみたい!」
そんな声にお応えして、犬猫自然食本舗ではお試しセットをご用意しています。
当店自慢のフードを是非一度お試し下さい!

▼続きはこちら
                     
         
▲前へ ▼次へ
「猫のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved