猫の鳴き声

猫の鳴き声

      快適ペットライフの  ペットライフ  Tomorrow
         

〜猫の鳴き声〜

  当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
犬の知識や雑学、猫の飼い方や猫との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、猫のあれこれカテゴリのページとして
猫の「猫の鳴き声」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   猫のあれこれ/Menu > 猫の鳴き声
 
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
30.猫の鳴き声
 
 このページでは、猫の鳴き声と題して、ニャーという猫の鳴き声について考えた見たいと思います。
 
 犬の場合は鳴くというより「吠える」場合が意思表現の手段となり、やたらに吠えないように飼い主様もご苦労なされるところですが、猫の場合は吠えはしませんので、鳴き声で何を伝えたいのか、よーく観察することにより伝えたい意思がほぼ理解できることがあります。
 
この辺が猫を飼われている方達の醍醐味とも言えそうです。
 
鳴き声の他に、ゴロゴロとのどを鳴らす場合があります。基本的には甘えたり、満足したり、気分が良いときですが、その音が都度大きかったり小さかったりすることもあります。
 
大きい音のゴロゴロはより満足度が高いようで、大喜びしている時と考えてよいようです。
 
このゴロゴロは、親子間で特に子猫が親の深い愛情のなかで安心しているときの表現ですが、成猫が飼い主に対して発するときは、子猫と同じように飼い主に対して親愛と信頼を寄せていることに他なりません。
 
ゴロゴロと同時に、手(猫の場合は前足というよりも「手」と表現した方が分かり易い場合が多いようです)で母親のオッパイを揉む動作をすることがありますが、これなどは全く子猫の心境に他なりません。
 
また、短くさえずるように「鳥マネ」のような鳴き方をする場合があります。珍しいもの、届かないもの、歓迎したいものなどを見つけた時に発するようです。
 
また、気に入らないときのシャーやカァーも鳴き声の一種、「嫌だ」とか「近ずくな」などの否定的表現と思われます。
 
そして、喧嘩するときの呻り声。背中を立て斜めに構えて全身の毛を逆立てながらの威嚇の鳴き声があります。
 
後は普通のニャーという鳴き声ですが、短い「ニャ」は挨拶「ニャーオ」はおねだりなど、幾つかのパターンがあるようです。
 
そのまま表現して、外国語のように和訳している本やサイトもありますので、興味のある方は探してみては如何でしょうか。
 
ただ、猫は基本的に「ニャー」の鳴き声だけです。猫の伝えたいことを聞きとるには、声の高低、長短、大小などの他に、猫の表情や現在の状況を総合的に観察して推測することになります。
 
機械的に翻訳できる幾つかのパターンと併せて総合的観測、そして猫の気持ちになれる飼い主様の愛情があれば、きっとコミュニケーションがとれ、暮らしの良いパートナーになれることと思います。
 
       

 
 猫の「育ち盛りパック」

 
 生まれたからには是非良い猫生を全うさせてあげたいもの。
 
そのため、離乳後の半年は子猫の体の基礎的な部分を形成するため大切な期間。この期間に十分に栄養を摂って丈夫な体質を作ることが肝要です。
 
 猫ちゃんの好みもありますので、まずは「お試しパック」で好みのフードを探すことからはじめては如何ですか。
 
 国産・安全・無添加の「うちのこわんわん」さんの「育ち盛りパック」をご紹介します。
   
 
   
お試しセット
   
猫のためのお試しフルセット
                       1,980円(税込)
《サイト内コメント》
「まずは試してみたい!」
そんな声にお応えして、犬猫自然食本舗ではお試しセットをご用意しています。
当店自慢のフードを是非一度お試し下さい!

                            ▼続きはこちら
                     
         
▲前へ ▼次へ
「猫のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved