室内飼いor放し飼い/猫が人間社会のなかで生きるには T

室内飼いor放し飼い T

      快適ペットライフの  ペットライフ  
                                                   Tomorrow
         

 〜猫が人間社会のなかで生きるには〜

◆ 室内飼いor放し飼い T◆
当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
猫の知識や雑学、猫の飼い方や猫との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、猫のあれこれカテゴリのページとして
猫の「猫が人間社会のなかで生きるには〜 室内飼いor放し飼いT」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   猫のあれこれ/Menu > 室内飼いor放し飼い T
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
 関連商品チェック

 
猫ちゃんの飼い方は皆さん悩むところです。

室内飼いとしても猫には「脱走」の奥の手があります。

脱走猫を速やかに探せるのは・・・

  ロケーター
コントローラー、タグ2個、タグカバー2個付
  年額:13,500円(税込)

《サイト内コメント》
家の中で姿が見えないときや近所で迷子になってしまったときロケーターは、探し物が見つからない時に音と光で導いてくれる探知機です。最大122mの探知機能で場所をお知らせ。・・・  ▼続きはこちら
  

4.室内飼いor放し飼い T

 猫を飼う場合に特有の悩みが、猫の飼い方の形態、つまり「室内飼い」か「放し飼い」かついて、という方が多いようです。

犬の場合は放し飼いが法律で禁止されていますが、猫の場合は少し曖昧です。
家庭動物等の飼育及び保管に関する基準(環境省)により、「人に迷惑を及ぼすことのないよう務めること」「室内飼育に努めること」などの規定しかないのです。

そのため、「犬は室内か繋いで飼うが、猫は放し飼い」というのが一昔前まで一般的な考え方であったと思います。

それが、最近のペットブームもあり飼い猫も増えましたが、同時に猫に迷惑を被っている人たちの声も大きくなり、結果的に猫を室内飼いにするケースが増加しました。特に都市部ではこの傾向が強いように思います。

 飼い主として忘れてならないことは、猫と飼い主が生活する場所は「人間社会」の内側にあるということです。

そのため、猫にも人間社会のなかで生きて行く術を身につけさせるのが飼い主の本当の愛情ではないでしょうか。

 次に続く・・・・

 
▲前へ ▼次へ
「猫のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved