室内飼いor放し飼い/猫が人間社会の中で生きる V

室内飼いor放し飼い

      快適ペットライフの     ペットライフ  
                                                   Tomorrow
         

 〜猫が人間社会の中で生きる〜

◆ 室内飼いor放し飼い V ◆
当カテゴリは、ペットとオーナー様の楽しく快適なペット・ライフに役立つことを願い、
猫の知識や雑学、猫の飼い方や猫との生活に役立つ情報を提供するために製作しています。
このページは、猫のあれこれカテゴリのページとして
猫の「猫が人間社会の中で生きるには〜 室内飼いor放し飼い V」を取り上げています。
ペット用品の「トゥモロー・ペット館」   猫のあれこれ/Menu > 室内飼いor放し飼い V
 快適ペットライフを応援する            
    
   “トゥモロー・ペット館”(Tomorrow)  
                                         
 関連商品チェック

 「キティクラブハウス」
        6,279円(税込)
《サイト内コメント》
省スペースで楽しいアトラクションにネコちゃん大喜び
  ▼商品詳細
 

 「ハッピートンネル」
       2,980円(税込)
《サイト内コメント》
もぐって楽しいシャカシャカ付き!夢中で遊べるトンネル
  ▼商品詳細


「キッククッションTOY
〜きりん〜」

       1,029円(税込)
《サイト内コメント》
猫キックしやすいサイズと形で、思いっきりキックしても大丈夫。たっぷり遊んでストレス・・・
 
 ▼続きはこちら


6.室内飼いor放し飼い V

 前頁で、基本的に室内飼いをお勧めせざるを得ないのが現状と申し上げました。これは、特に都市部を中心に考えた場合で、あくまでも基本です。

 地域柄(田舎や離島)などで、放し飼いが当然と思われている場合など、環境により一概に完全室内飼いと考えなくとも良い場合もあるかも知れません。

私の実家などは典型的な農村部で、30戸ほどの集落ですが、畑と自宅や物置などのネズミ対策として猫を飼っている家が普通にあります。

そのような所では、近所への気配りが要らない場合もあるかと思いますが、たまに通る車に引かれるリスクも忘れてはいけないことでしょう。(実は結構よくある事です)

 最後に、外に出たがる猫を室内飼いにすることは、確かにその猫に大きなストレスを与えることになります。そこは飼い主さんの愛情で補完すべきことではないでしょうか。

 猫用のリードで散歩に連れ出す飼い主さんもおられます。また、外出は常に猫と一緒、まるで犬と同じように付き合われている方、庭先でのブラッシングを日課としている方、ベランダや屋根を上手くく利用して、半屋外を演出している方、室内に立体的な遊具や居住空間を設置して、室内で猫の欲求を満たしている方・・・。

皆さん、飼い主自身の環境と猫の性格を考えて、創意工夫し他人に迷惑を掛けずに飼い主と猫の幸せを両立されているようです。

 猫自身、外を自由に歩き回る欲求に凝り固まるのではなく、飼い主と楽しく快適な時を過ごすこと。それが猫が人間社会の中で上手く生きて行く術であり、それこそが飼い主さんが猫に教えること・・・。そのように思っています。

 
▲前へ ▼次へ
「猫のあれこれ・Menu」へ戻る
「TOPページ」へ戻る
  
Copyright (C) ペット用品の「トゥモロー・ペット館」 All Rights Reserved