ブルノのトゥーゲントハット邸/チェコ

チェコ

~サイト趣旨~
 
ユネスコに登録されている世界遺産は、地球の自然や人類の文化財産など、人類と地球上の生物にとって貴重な共通財産です。
自然や先人が残してくれたこれら貴重な財産の素晴らしさに触れることは、非常に有意義なことであると共に「過去の地球へ向けて悠久の時を超える旅」を楽しむことでもあります。
 
このサイトでは、登録されている遺産を「世界遺産リスト」として整理し、その全貌を明らかにすると共に、個々の遺産について簡単なデータと解説を記述することにより、まず「知る」ことができるようにいたしました。
 
世界遺産の素晴らしさに触れる「悠久の時を超える旅」に出かけようとする方々の道しるべとなれば幸いです。

 TOPページ > 世界遺産:検索 > ブルノのトゥーゲントハット邸






[スポーサードリンク]
 

ブルノのトゥーゲントハット邸

(Tugendhat Villa in Brno)
 
ブルノトゥーゲントハット邸は、チェコ南東部/南モラヴィア州に属するチェコ第二の都市ブルノに残された20世紀モダン建築物の代表作である。
 
この建築物は、ブルノ郊外の清閑な住宅地に建てられたトゥーゲンハット邸で、ドイツ人建築家ミース・ファン・デル・ローエの設計によるものである。
 
この住宅は、道路側からは平家建てに見えるが、敷地の傾斜を利用して2層となっている。内部は大きなガラス窓と半円筒状の間仕切りなどにより、広い空間を実現したシンプルな造形美を伝えている。
 
Back  Next



 

 



地 域 国 名 区 分 登録基準 登録年 危機遺産
ヨーロッパ チェコ共和国 文化遺産 ⅱ ⅳ 2001

[スポーサードリンク]


 Copyright (C) 世界遺産/世界遺産への誘い All Rights Reserve