世界遺産/世界遺産の概説

世界遺産/世界遺産の概説

~サイト趣旨~
 
ユネスコに登録されている世界遺産は、地球の自然や人類の文化財産など、人類と地球上の生物にとって貴重な共通財産です。
自然や先人が残してくれたこれら貴重な財産の素晴らしさに触れることは、非常に有意義なことであると共に「過去の地球へ向けて悠久の時を超える旅」を楽しむことでもあります。
 
このサイトでは、登録されている遺産を「世界遺産リスト」として整理し、その全貌を明らかにすると共に、個々の遺産について簡単なデータと解説を記述することにより、まず「知る」ことができるようにいたしました。
 
世界遺産の素晴らしさに触れる「悠久の時を超える旅」に出かけようとする方々の道しるべとなれば幸いです。

 TOPページ > 世界遺産:概説

世界遺産の概説


 
世界遺産は、1972年ユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を有すると認められたものである。

世界遺産の種類
1.文化遺産
   顕著な普遍的価値をもつ建築物や遺跡など
2.自然遺産
   顕著な普遍的価値をもつ地形や生物、景観など
3.複合遺産
   文化と自然の両方について、顕著な普遍的価値を兼ね備えたもの
※ 危機にさらされている世界遺産(危機遺産)
   世界遺産リストに登録されている世界遺産が、後世に残すことが難
   しくなっているか、その懸念が強く存在する場合に登録される

世界遺産の基準
1.文化遺産
   ⅰ 人類の創造的才能を表現する傑作
   ⅱ ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑
     的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の
     重要な交流を示すもの
   ⅲ 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一または
     少なくとも稀な証拠
   ⅳ 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術
     の集積または景観の優れた例
   ⅴ 特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている、ある文化(
     または複数の文化)を代表する伝統的集落または土地利用の際
     立った例
   ⅵ 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信
     仰または芸術的、文学的作品と、直接にまたは明白に関連する
     もの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましい
     と世界遺産委員会は考えている)
2.自然遺産
   ⅶ ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現
     象または地域を含むもの
   ⅷ 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これ
     には生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、
     重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる
   ⅸ 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発展
     において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを
     示す顕著な見本であるもの
   ⅹ 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い
     自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の
     観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生
     息地などが含まれる。
3.複合遺産
     文化遺産と自然遺産の登録基準

負の世界遺産
   明確な定義はないが、人類の犯した犯罪を後世に伝え、同じ過ちを
   二度と起さないよう、人類自身への警告的位置づけである。

   アウシュビッツ/原爆ドーム/奴隷貿易拠点のゴレ島、ロベン島など


~ Index ~

TOPページ

ユネスコと世界遺産
世界遺産概説 
世界遺産条約 
日本と世界遺産

世界遺産:検索  
用語解説


リンク集
リンクと相互リンク 
管理者情報  
サイト・マップ 


 Copyright (C) 世界遺産/世界遺産への誘い All Rights Reserve


.html">世界遺産/世界遺産への誘い All Rights Reserve